新宿オランジェ歯科・矯正歯科

新宿オランジェ歯科・矯正歯科。審美歯科治療もご相談ください。

ホーム > あなたの歯の悩みは? > 歯を白くしたい

歯を白くしたい

歯を白くしたい

ホワイトニング ホワイトニング治療は近年日本でもだいぶ認知されてきています。
以前は美容に敏感な女性が行うものという認識でしたが、最近は男女問わず一般の方にも定着し、
多く実践されている治療です。

なぜ白い歯は魅力的にうつるのでしょうか?
もっとも大きい要因は白い歯がもたらす「清潔感」からくるものだと思います。
美しく白い歯は、その人がもつ魅力を更に引き出してくれます。
共通の認識として、白い歯=清潔感、きれいをもっているのは確かです。
だからこそ、ホワイトニングは広く一般的な治療として普及しました。

※ホワイトニングを行う前に
使用するホワイトニング剤 ホワイトニングをしよう!と思っても歯の表面に着色や汚れが付着した状態では、
その効果はもちろん低くなります。
ご来院して頂いた際にまずお口の中の状態を確認し、
ホワイトニングする前にお口のクリーニングを行う事があります。
歯に付着した汚れや着色を取るだけでも歯本来の白さが戻ります。
更に白くしたいという場合にはホワイトニング治療を行います。

ホワイトニングには大きく3つの方法があります。

1.ホームホワイトニング

ご自宅で行うホワイトニングです。
自宅で気軽に行える事もあり、ホワイトニングされる方の多くがこのホームホワイトニングになります。
まずお口の型を取り、専用マウスピースを製作します。
病院で使用方法の説明を行い、マウスピース、薬剤をお渡しし約2週間自宅でホワイトニングを行います。

薬剤の濃度は薄めなので、時間をかけてゆっくり白くしていくホワイトニングになります。
2週間で効果をあまり実感できない、もっと白くしたいなどのご希望があれば
追加ジェルは無料でお渡ししています。

ホームホワイトニングの治療例

治療前

ホームホワイトニング治療前

歯の白さを実感していただくために
患者様の合意のもと上の歯のみ
先にホームホワイトニングを行いました。

治療後

ホームホワイトニング治療後

2週間後になります。

2.オフィスホワイトニング

当院内で行うホワイトニングです。
急いで歯を白くしたい、効果を早く実感したいという方におすすめです。
専用の薬剤を用いて歯を白くしていきますが、
ホームホワイトニングに比べて濃度が高い薬剤を使用するのでその日のうちに効果を実感できます。

オフィスホワイトニングに、ホームホワイトニングを組み合わせた
デュアルホワイトニングがもっとも効果の高い治療法となります。

3.インターナルブリーチ

歯の神経を抜いた歯が黒くなってきたので気になる...
こういったお悩みの声も多く聞かれます。
神経を抜いて変色してしまった歯は、残念ながら通常のホワイトニングでもあまり白くなることはありません。

インターナルブリーチとは、神経治療をした歯の内側に穴を開け中から専用の漂白剤を注入し、
歯の色を改善する術式です。
一般に言われる、神経のない歯、神経の死んでいる歯を白くする方法です。

治療は1回で終わります。場合によっては、神経治療の再治療を先に行う必要があります。

インターナルブリーチの治療例

治療前

インターナルブリーチ治療前

右側の前歯2本が神経を抜いて
歯の色が暗くなっています。

治療後

インターナルブリーチ治療後

インターナルブリーチを行い、
削らずに歯の白さが回復しました。

治療前

インターナルブリーチ治療前

左上2番目の歯が神経を抜いて
黒くなっています。

治療後

インターナルブリーチ治療後

インターナルブリーチと詰め物の
やり替えにより自然な色に回復しました。

 

※ホワイトニングは患者様によって効果が異なります。
 ご希望の際は担当医にまずご相談下さい。事前に詳しいご説明をさせて頂きます。

後戻りと永久保証

現在のホワイトニングでは、せっかく歯を白くしてもその後半年∼1年程で少しずつ色が後戻りしてしまいます。
そのため、その都度ホワイトニング剤やマウスピースを購入する必要がありました。
当院では一度白くきれいになった歯をずっと保って頂きたい方針で、後から追加の費用がかかることなく、
ホワイトニング剤の追加分をお渡しするホワイトニング永久保証システムを導入しております。


詳しくは当院保証システムをご覧ください。

メールでのお問い合わせはこちら