Q.歯周病は、年をとったら誰でもなるの?

一般歯科Q&A

A.後期高齢者(75歳以上)でも、歯周病になっていない人はいます。

ただし、歯周病は別名「静かなる病気」と呼ばれており、自覚症状がないまま進行しやすい病気です。

日本では30代以上の3人に2人が歯周病になっているため、日頃から歯周病予防に力を入れておく必要があるでしょう。

具体的には、

  • ご自宅での毎日のセルフケア(歯磨き)
  • 歯医者での専門的かつ定期的なクリーニング

をしっかり行うことで、歯周病が進行するのを防げます。

関連記事

  1. インプラントQ&A

    Q.インプラント手術で痛みや腫れなどの症状は出る?

  2. 一般歯科Q&A

    Q.オーラルケアとは?何をするの?

  3. 一般歯科Q&A

    Q.保険診療と自費診療の違いは?

  4. 歯列矯正&&A

    Q.子供の歯(乳歯)でも矯正治療は必要?

  5. インプラントQ&A

    Q.ブリッジや入れ歯とインプラントの違いは?

  6. 一般歯科Q&A

    Q.定期検診に行かないと、どうなるの?

PAGE TOP