知覚過敏の原因って?

冷たいものを飲むと歯がしみる・・・。
テレビのCMなどで広く皆様に知られることになった知覚過敏ですが、その原因はなんでしょうか?

知覚過敏の原因は何らかの原因で歯のエナメル質が失われたことによって生じやすいです。
歯は大きく歯髄・象牙質・エナメル質に区分されます。
エナメル質は歯の表層を覆う極めて硬い性質で、歯髄(=歯の神経)への刺激を遮ってくれています。

このエナメル質が失われると、冷たいものや温かいものなどの刺激が歯髄に届くことで
キーンと痛む知覚過敏の症状が起こります。

1.虫歯
むし歯によってエナメル質が溶かされて、菌が内部へと穴を掘っていくことでもちろん、
知覚過敏の症状があらわれます。



2.歯周病
歯周病にかかると、歯を支える周りの骨が溶かされます。
そうすると、歯の根っこが外部に露出しますが、
根っこの部分はエナメル質に覆われていないため、
知覚過敏になりやすいです。

3.噛みあわせ、食いしばり
歯軋りや歯の食いしばりなどは、かなり強い力で上下の歯を噛んでいる状態のため、
硬いエナメル質も徐々に欠けてきます。
また噛みあわせが悪い人も、この症状がでやすくなります。

4.歯ブラシ・歯磨きの仕方
毛先が硬い歯ブラシで、ゴシゴシ力いっぱい磨いていると、
歯は必要以上の力をうけて次第に欠けていき、
その部分から知覚過敏が起きやすくなります。

5.酸
酸蝕症という病気をご存知でしょうか?
お酢や炭酸系統の飲料水を多く摂取している場合や、
逆流性食道炎などによる胃酸によって歯が溶かされてしまう病気です。
歯の表層、つまりエナメル質が溶かされてしまうことで知覚過敏の症状があらわれます。

対処法
エナメル質が大きくかけている場合には、その部分を何らかの形で封鎖してあげる必要があります。
一般的なのは、レジンという歯の色に近いプラスチックを詰める方法ですが、
噛みあわせの力が強くかかるところや、むし歯が大きい場合には適しません。
また、しみ止めの薬を塗って表面をコーティングする方法があります。
こちらは患者様によって個人差が大きく、確実な効果が得られるまで何度か上塗りすることもあります。

また上記に記載した、歯の食いしばり、歯軋りについては、ナイトガードというマウスピースを主に就寝中に装着して頂く治療が必要です。
歯軋りなどは、自覚のない主に就寝中に起こりやすく、歯と歯がダイレクトに当たって擦り減るのを防止します。
ちょっとした知覚過敏だと我慢できてしまうかもしれませんが、原因は様々です。
歯医者さんに相談することをおすすめします。

関連記事

  1. 耳の前あたりがカクカクなる?

  2. 保険と自費って何が違う?

  3. ちゃんと歯磨きすれば虫歯にはならない?

  4. どうして歯の治療は時間がかかるの?

  5. 定期検診って必要?

  6. 歯が、歯ぐきが黒くなってきたような・・・

PAGE TOP