Q.保険診療と自費診療の違いは?

一般歯科Q&A

A.治療内容、患者さまの負担金額、治療への時間のかけ方が大きく異なります。

わかりやすい例では、保険診療では銀歯になるところを自費診療であれば白く長持ちする歯を入れられるなどの違いがあります。

つまり、保険診療ではベターな治療ができますが、自費診療では患者さまにとってベストな治療を選択できるのです。

  保険診療 自費診療
治療内容 ・決められた材料のみを使用
・限られた治療法のみが適応
・様々な材料を使用可能
・様々な治療法から選べる
負担金額 ・一部負担
・全国一律の料金
・全額負担
・歯医者によって料金が異なる
治療時間 ・時間をかけて丁寧に治療できる ・あまり時間をかけられない

保険診療は、自費診療に比べて治療費が高くなるので、抵抗感が強い方も多いかもしれません。

しかし、

  • 見た目が気になるから銀歯は嫌だ
  • 虫歯が再発しないように精密なつめ物をいれたい
  • 何度も治療したくないから、長持ちする材料を使ってほしい

などの患者さまの希望に合わせた治療が選べるので、自費診療の費用対効果は高いです。

それぞれメリット・デメリットがあるので、まずはフラットな視点で担当医の説明に耳を傾けてみてくださいね!

関連記事

  1. 審美歯科Q&A

    Q.ホワイトニングで銀歯も白くできる?

  2. 歯列矯正&&A

    Q.歯並びが悪くなる理由は?

  3. 審美歯科Q&A

    Q.白い歯(セラミック)は変色する?

  4. インプラントQ&A

    Q.金属アレルギーだとインプラントは入れられない?

  5. 一般歯科Q&A

    Q.歯周病は、年をとったら誰でもなるの?

  6. インプラントQ&A

    Q.インプラント手術は入院が必要になるの?

PAGE TOP